GPL v3とSaaS

何かとバタバタしていてチェックがだいぶ遅くなって
しまいましたが、最終ドラフトでは盛り込まれていた
「オンラインサービスを提供する場合においても
 アプリケーションを配布するのと同様の扱い」
という趣旨の条項が正式版では削除されていました。


もしこの条項が残っていれば、商用でオンラインサービスを
提供する会社には多少なりとも影響があったかも知れません。
もちろんネガティブなインパクトだけではなく、コード頒布
が進むことでサービス間の連携性が高まるといったプラスの
部分も多々あるだろうと思います。


確かにGPLの基本的な考え方からすれば、手元にインストール
するにせよ、オンラインサービスとして提供を受けるにせよ、
自分が利用するアプリケーションの中身を知る権利が保たれる
べきという方向に進むのは自然な流れだといえます。


今後のSaaSの普及において、ユーザーが求めるサービスを
高い品質で素早く提供していくにはOSSの活用は不可欠とも
いえる重要ポイントです。


今回は削除されましたが、今後も継続してGPLSaaSとの
関わりは活発に議論されるトピックでしょう。そうして
ユーザー側とサービス提供側の双方にとってメリットの
あるライセンスに進化していき、それと同期する形で
SaaS市場全体が活性化していくことを期待しています。