*[IT]AI活用で抜け落ちがちな3つの視点

DLに代表されるAI活用で成果を得るためには、
ユーザ企業側においても「何のために、どうやって
データを収集し、分析結果をどんな場面に活かすのか?」
を明確にすることが大切です。
https://active.nikkeibp.co.jp/atcl/act/19/00009/101600004/

「BI・帳票」ではExcelとの差別化が最重要課題

 
Excelは簡易なデータ活用の手段と捉えられがちですが、
BI・帳票の製品/サービスを開発/販売するベンダにとっては
「Power BI」を含むExcelとの差別化をどのように図るべきか?
が今後の重要なポイントとなってきます。
http://www.norkresearch.co.jp/pdf/2019itapp_bi_rel.pdf

ワークフローとERP・基幹系や独自開発システムの関係

 
今後は働き方改革などに伴う業務改善によって、ERP/基幹系システム
や本業に直結する独自開発システムと関連した業務でも申請/承認の
仕組みが必要となる可能性があります。
http://www.norkresearch.co.jp/pdf/2019itapp_wf_rel.pdf

CRM市場を整理し、今後のニーズ動向を探る

 
CRMは非常に幅広いキーワードであるため、SFAやMAとの関連なども
踏まえた定義を明確にしておく必要があります。本日のリリースでは
それらを整理した上で、今後注目すべきニーズ項目について触れています。

グループウェア市場を新たな視点で捉え直す

 
2019年からはグループウェアやビジネスチャットを含む社内外
のコミュニケーションと情報共有を担うアプリケーションとして
「コラボレーション」分野を定義し、グループウェアを包含する
形でシェアや評価を集計/分析しています。
http://www.norkresearch.co.jp/pdf/2019itapp_gw_rel.pdf